ペット保障(ペット保険)わんにゃんライフの内容についてお客様からいただいた質問の一覧です。ペット保障(ペット保険)わんにゃんライフに関する疑問などは、ご契約前・ご契約後にご確認いただけますようお願い申し上げます。なお、ご不明な点などございましたら、「お問い合わせ」よりご連絡下さい。

ご加入条件・ご契約のお手続き

Q.ペットであれば、どんな動物でも加入できますか?

A.日本国内で飼育されているペット(犬と猫のみ)加入できます。

Q.犬か猫であれば必ず加入できますか?

A.過去に「特発性てんかん」「先天性心疾患」「悪性腫瘍(ガン)」「猫エイズ」のいずれかの病歴がある犬または猫につきましては、ご加入できません。
また、以下の状況にあるペットにつきましても、ご加入できません。

@ペットショップ・ブリーダー等が売買目的で飼育する犬または猫。ただし、売買後の犬または猫は、ご加入できます。

A闘犬または競争犬等の興行目的で飼育される犬または猫

B警察犬・麻薬犬・救助犬または狩猟犬などの職業犬。ただし、盲導犬または聴導犬等の介護犬はご加入できます。

Q.ペットの正確な誕生日が分からないのですが、加入できますか?

A.ペットの誕生日の確認方法としましては、「血統書や予防接種・ワクチン接種の証明書などでご確認いただく方法」と、動物病院や動物クリニックにかかった際に、「獣医師先生にご確認いただく方法」があります。被共済者が確認できない場合は、かかりつけ、もしくは近くの動物病院に行かれて先生に診てもらってください。なお、実費はお客様ご負担となります。
また、共済給付金〔保障金〕をご請求いただいた場合などで、ご推定いただいた年齢が異なっていたことが判明したときは、ご訂正いただき、その際に、共済掛金の変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。
※明らかに契約者の故意による年齢の詐称があった場合においては、共済給付金〔保障金〕をお支払いできなかったり、すでに共済給付金〔保障金〕を支払っていたときは、当社は、その返還を請求します。

Q.ペット血統書登録番号や鑑札番号が分かりませんが、加入できますか?

A.血統書登録番号や鑑札番号が分からなくてもご加入できます。

Q.加入手続き後、すぐにペットが病気になってしまったのですが、共済給付金〔保障金〕の請求は可能ですか?

A.初年度契約時においてのみ保障の開始日以降、以下の一定期間内に生じた病気やケガによる治療費につきましては、共済給付金〔保障金〕のお支払い対象外(免責)となりますので、ご了承ください。
•保障の開始日から15日以内に発生したケガ
•保障の開始日から30日以内に発症した病気〔悪性腫瘍(ガン)は除きます〕
•保障の開始日から60日以内に発症した悪性腫瘍(ガン)

Q.飼っている犬が骨折してしまったので、わんにゃんライフに加入したいのですが、
加入後に病院で支払った治療費について、共済給付金〔保障金〕の請求は出来ますか?

A.ご加入の時点で既にケガをされていたり、病気にかかっている部位の治療については共済給付金〔保障金〕をお支払いできません。

Q.わんにゃんライフ申し込みの際の、健康診断(書)について教えてください。

A.わんにゃんライフにご加入いただく際は、ペットの年齢が満8歳以上の場合にのみ、健康診断書の提出が必要となります。健康診断書の作成費用につきましては、お客様に全額ご負担をいただいております。予めご了承ください。

インターネットでの手続き

Q.ホームページからできることは何ですか?

A.現時点では、わんにゃんライフ加入における資料請求の手続きのみですが、今後、お客様サービスの向上を図ってまいります。

共済掛金等に関して

Q.共済掛金をまとめて支払うのではなく、分割して支払う方法はありますか?

A.あります。当社では、年払と月払の2通りがあります。

Q.共済掛金の支払い方法を教えて下さい。

A.当社の共済掛金の支払方法は、銀行の口座振替もしくは、ゆうちょ銀行からの振込みの2通りとなっております。

Q.クレジット払いまたはコンビニエンス・ストア等での共済掛金の払い込みは、できますか?

A.実施しておりません。共済掛金のお支払い方法は前段の回答のみとなっております。

Q.加入年齢に制限はありますか?

A.ありません。

Q.15歳以上の場合、共済掛金はどうなりますか?

A.15歳以上終身に渡り、共済掛金の変更は生じません。ただし、商品の改定などにより、将来において共済掛金表に変更が生じる可能性があります。

Q.共済給付金〔保障金〕を請求した場合、次回の継続時の共済掛金が高くなることはありますか?

A.共済給付金〔保障金〕のご請求により、継続時の共済掛金が高くなることはありません。
ただし、数年にわたり継続して著しく高額な共済給付金〔保障金〕のご請求をいただいた場合など、共済給付金〔保障金〕のお支払い状況によっては当社よりご契約の継続をお断りする場合がございますので、ご了承ください。

Q.共済掛金の割引制度はありますか?

A.あります。当社わんにゃんライフでは、
・多頭数割引 ・無事故継続割引 ・年払い割引 があります。
わんにゃんライフではお客様の大切なペットの万が一に備えていただくために、分かりやすいシンプルな商品設計を行うことにより、全ての年齢の共済掛金(特に、高齢となった場合の共済掛金)を低廉に抑えつつ、同時に、一層充実した保障を実現いたしました。

Q.月の途中から共済に加入できますか?

A.月の途中からご加入いただくことは出来ません。
お申込みは毎月月末締切となっており、全ての手続きが完了した方のみ翌々月1日より保障開始となります。

Q.月払い契約で、共済掛金の引き落としが出来ませんでした。

A.この場合、直接お振込みいただくか、翌月の口座振替日または振込締切日までに2か月分の共済掛金をお支払いただきます。

契約内容の変更

Q.引っ越しましたが、何か手続きは必要ですか?

A.変更が必要ですので、当社までご連絡ください。お手続きに必要となる書類をご案内します。

Q.結婚して苗字が変わりましたが、何か手続きは必要ですか?

A.変更が必要ですので、当社までご連絡ください。お手続きに必要となる書類をご案内します。

Q.共済掛金の振替口座先を変更したいのですが、どのような手続きが必要ですか?

A.変更が必要ですので、当社までご連絡ください。お手続きに必要となる書類をご案内します。

Q.加入プランをわんにゃん50からわんにゃん70へ変更したいと考えていますが可能ですか?

A.保障期間の途中でのプランの変更はできません。更新・継続の際であれば可能ですので、その際にお申し出願います。

保障契約の継続

Q.契約継続の際に、共済掛金は値上がりしますか?

A.継続時に、ペットの年齢が満3歳、6歳、10歳、15歳に達した場合には、共済掛金が変更(値上がり)となります。
なお、商品の改定などにより、将来において共済掛金表に変更が生じる可能性があります。当社ペット医療保障制度は1年契約を毎年更新・継続いただく仕組みとなっておりますので、本日ご契約いただいた場合であっても現在の共済掛金表記載の共済掛金が、終身に渡り適用されることをお約束するものではありませんので、ご了承ください。

Q.例えばわんにゃん70に加入し、支払限度額に近い金額の共済給付金〔保障金〕の
支払いを受けた場合、継続を断られることがありますか?

A.高額の治療費を要する治療を受けられ、高額の共済給付金〔保障金〕をご請求いただいたことのみを理由として、ご契約の継続をお断りすることはいたしません。

共済給付金〔保障金〕のご請求とお支払

Q.共済給付金〔保障金〕の請求方法について教えてください。

A.共済給付金〔保障金〕請求の状況が発生したときは、当社へお電話ください。症状などをお聞きしまして、必要な請求書類(共済給付金〔保障金〕請求書兼同意書)をお送りします。その書類にご記入頂き、「治療費明細書付きの領収書」(原本)を添付してご提出ください。
(別途、本ホームページの「ご契約者の方へ」に詳細な説明を記載しています。)
(「治療費明細書付きの領収書」(原本)は当社が内容を確認した後、お客様に返送いたします。)

Q.夕方から咳が止まらず、夜間救急病院に連れて行き検査の結果気管支炎と診断され、
注射と投薬を受けました。保障は適用されますか?

A.時間外の診療であっても、共済給付金〔保障金〕支払いの対象となります。ただし、時間外診療の割増分については、支給の対象外となります。休日診療の診察料についても同様です。

Q.前立腺肥大の治療のため、去勢手術を受けました。共済で保障されますか?

A.治療の一環としてなされた手術ですので、保障されます。なお、健康体に施す去勢手術や、症状がない場合であって前立腺肥大を進行させないための予防的な去勢手術については、共済給付金〔保障金〕のお支払い対象外ですのでご注意ください。

Q.肛門腺の腫れの処置を定期的に行っているのですが、共済給付金〔保障金〕対象になりますか?

A.定期的処置は、共済給付金〔保障金〕のお支払いの対象になりません。

Q.食欲や元気がなく、病院で血液検査を受けました。その結果異常なく、
投薬などもなかったため、様子を見ることになりました。共済給付金〔保障金〕対象になりますか?

A.治療をともなわない検査は、共済給付金〔保障金〕支払いの対象となりません。

Q.お支払いできない治療費の中に、膝関節や股関節の脱臼とありますが、
例えば、交通事故などではなく犬の様子がおかしいので病院に連れて行き、
膝蓋骨脱臼と診断された場合に、共済給付金〔保障金〕は適用されますか?

A.膝関節や股関節の脱臼については、お支払の対象となりません。

Q.心臓病・腎不全・肝不全・糖尿病・自己免疫性溶血性貧血があった場合等の
共済給付金〔保障金〕支払の対象可否を教えてください。

A.特定疾病(「心臓病」「腎不全」「肝不全」「糖尿病」または「自己免疫性溶血性貧血」)保障対象外特約の取扱いについては、以下の通りとなります。
(過去に動物病院等で特定疾病のいずれかと診断された場合)
治療を受けられたことがある場合には、特定疾病保障対象外特約が付帯され、該当する特定疾病については、免責(共済給付金のお支払い対象外)されます。なお、ご継続いただく際は、保障期間中に当該特定疾病が完治した場合であったとしても、当該特定疾病については、免責という条件のままご契約が継続されます。

(過去に動物病院等で特定疾病のいずれかと診断されていなかった場合)
治療を受けられたことがない場合は、特定疾病保障対象外特約が付帯されず、有責(共済給付金のお支払い対象)となります。なお、ご継続いただく場合においても、保障期間中に特定疾病のいずれかが発症しても、有責という条件のままご契約が継続されます。

Q.共済給付金〔保障金〕請求のときは毎回診断書を出さないといけませんか?
病院の発行する明細ではだめですか?

A.共済給付金請求時に診断書は原則必要ありません。ただし、診療明細付きの領収書でない場合など当社が診断書を必要とした場合は、別途診断書をご用意いただくこともあります。その場合の作成料については保障の対象となります。ただし、診断書の内容により共済給付金のお支払いが出来ない場合、診断書作成料は保障の対象となりません。
共済給付金〔保障金〕請求に必要な書類は以下のとおりです。
・「共済給付金〔保障金〕請求書兼同意書」(当社所定)
・『動物病院発行の「治療明細付の領収書」』(原本)

Q.うちの犬はよく病院に行くのですが、1回の疾病で2回ぐらいの通院、
4,000円前後の治療費がかかります。まとめて請求をすることはできますか?

A.同一疾病において完治していなくても1ヶ月単位で共済給付金の請求を行ってください。複数月または複数の疾病をまとめて請求することはできません。合併症など複数の疾病を伴っている場合はこの限りではありません。